×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

湯中り





「湯中りか?」
「……うん、ちょっと考え事…」
「ああ悪ィ、喋んな。水と手拭い持ってくっから寝てろ」

離れてゆく背。昔から広い背だった。

「……」

慕わしい。その思いさえ伝えられない。狂いそうな程に体と心が君を求めている というのに。

「おら、気持ちいいだろ?」
「ん…」

額に水を含んだ手拭いが乗せられる。伸ばされる腕は、筋肉質で、色濃くて、僕 とは違った。一角の体は、自分より大きかった。綺麗だった。

「…ねえ」
「あん?」

どう伝えたらいいだろう。なんと表そう。

「まだ、……好き?」
「……」

暫くの間の後、目を覆うように大きな掌が近づいてくる。目を伏せると、睫毛が 掌を撫でた。
唇に触れたものは、きっと唇。すぐ傍で、一角の匂いがする。
鼻先と額の手拭いに当たっていた掌が離れて、開いた目の先には一角の顔。笑っ てはいない。少し、苦しそうな表情。
あの時と、似ているかもしれない。

「……好きだよ」

きっと、あの時からおかしな事だと分かっていたから悲しそうな、苦しそうな表 情だったんだね。
今もまた、そんな顔をするのは誰にも認められないと知っているから?

「…………風呂、入ってくっから」
「………っ」

声が出なかった。恐くて、呼び止められなかった。また離れていく背は、僕には 触れられないものだと自分で勝手に、理解してしまった。
額の手拭いが落ちた。










最初の、入浴シーンを書きたかっただけだったんですが。
長い髪が湯に漂う様を書きたかった筈なのに殆ど触れていない。

2008.12.7